本屋大賞発表直前

2008本屋大賞、ついに明日決まりますね。

『カシオペアの丘で』以外はすべて読みましたが
(『八日目の蝉』はいま読んでるとこだったワ)
一体どの作品が大賞に選ばれるんでしょう。

『サクリファイス』と『映画篇』がおもしろかったけどな。
あと、違った意味で『私の男』。
エグぅ、、、って感じなのに、引き込まれました。
まさに興味本位な怖いもの見たさ感情。

この半年、格段に読書量が増えています。
といっても、その9割が借りたもの。
ある読書家の方が貸してくださるのです。

そのおかげで、
これまで手にしなかったような作家の
作品も読むように。

これはもう、世界が広がります。
大袈裟ではなく、世界が。

ほんとは一冊ずつ感想日記、書きたいんですけどね~。
なかなか。f^_^;

そんな中、ついに
「(勝手ながら)返したくない1冊」が出て来ちゃいましたね!

『猫のあしあと』/町田康

猫好きとして知られる町田氏が
次々と家にやってくる猫たちとの生活を独特のタッチで描く。
『猫にかまけて』の続編ともなるエッセイ。

町田康さんといえば、
布袋さんとの「殴った!殴らない!」の騒動が記憶に新しいですね。(といっても去年ね)
いま、あのバンド活動はどうなっているのか…

とにかく、作家、歌手、詩人と幅広い活動をする氏ですが、
この『猫のあしあと』は、猫好きなら悶え必至の一冊!
詩人らしい観察力と表現豊かな描写。
中でも擬音がすばらしく、猫たちの微笑ましい動きが目に見えるようです。

ただし、単なる猫好きの、のんきな語りではないのでご注意を。
そこには、猫のありのままの生を認め、共に生きる。みたいな、
どこまでも真摯に猫に接する作者の姿があります。

病気に罹った猫の看病のくだりなどは、切なくて胸が詰まりました。

もう、ペットと人間という境を越えているんですよねぇ。
でも自分が猫になっちゃってる、というのとも違って・・・
飼い主、っていうよりは、私には猫の救い主みたいに見えました。

身近にいたら変人かも。
でも、「ここまで出来なきゃ、動物を飼う資格ってないんだな」
と思ってしまうような、静かな説得力を持つ一冊です。

登場猫たちの写真も随所に差し挟まれます。
完璧に愛らしい写真集のねこ達とは違って、
ふつーうの猫。
暮らしの中の自然なショットなのが、
猫たちと作者の信頼関係をものがたっていて
あったかい気持ちになります♪

町田康って、『へらへらぼっちゃん』を途中で読み止めて以来、手にしてませんでした。
あんまり覚えてないけど、「なんかふざけた人だな」としか思えず。

でも、年月が経って町田さんが変わったのか、私が変わったのか・・・イメージは見事一新されました。

町田さんの人柄や風貌まで一気に好きになったくらい
(そりゃまた大ドンデン返し)この本が気に入ったので、

すかさず、前作『猫にかまけて』を
ネットショッピングしときました♪
(だって雨すごいんだもーん)

| | コメント (2)

プレゼント自慢

ちょっとちょっと見てくださいよぉー!!!

 Image508_2

←まんが!

 

  

 

 

でも、ただのまんがじゃありません。
タイトル見て!!

「Maison IKKOKU」

あの『めぞん一刻』のフランス語版ですっっ!

Fさえちゃんがフランス旅行のおみやげに買ってきてくれました~。
本屋さんでコレを発見して、反射的に私を思い出してくださったなんて、めぞんファン冥利に尽きます!

コホン。
え~、では名場面から。

Image_maison  

 

 

 

うわお~~~~~!
「響子さん、好きじゃぁああああ」
伝説の告白シーンもフランス語!

感動ー。
これはわが家のお宝決定です。

あと、誕生日プレゼントにボデイ・ショップのキレイグッズをいただきました。
Image506グレープフルーツの香りでひと揃え♪
ダイエット効果あるんですよね。
でもおいしそうで食べたくなりますね。笑

いつもながらお花とカードも。
あなたの心づくしには毎度毎度毎度のこと、頭が下がります! 

 

Image507

今週はもうひとつプレゼントをいただいちゃいました(><)
紫とグレーのストライプがおしゃれなルームシューズ☆
甲のデザインがかわいいね。
Eちゃん、ありがとーーー!!!
今年の冬はあったかく過ごせます(*^^*)
そして、私ももうちょっとあなたの力になれるようがんばりますねっ。

 

うーん、またまた幸せ者な自分を再認識。
そういう気持ちにふさわしい人間にならないとなぁ。

もうすぐ、ひとつ年をとります。

| | コメント (6)

クレープ・シュゼット

普段はあまり雑誌を参考に食べ歩きをする方でもないのですが
今回はなんとなく記憶に残っていたので・・・

「PoPo COLOR」 新宿LUMINE EST 2F

こちらはパンケーキ専門のカフェ。
お食事からデザートまで
パンケーキメニューが目白押しです。
パンケーキを使ったグラタン、なんてのもあります。

Image495

これが頼んだ
パンケーキのクレープ・シュゼット☆

まず来た瞬間にオレンジの香りがふわ~~~~っっと鼻腔を刺激。
そしてお口に運べば、あったかソースと冷たいバニラアイスが溶け合う、
なんとも幸せ~な味わいでした☆

あ、ここでちょっと豆知識。
(めずらしく役立つブログにしようという試み)

***クレープ・シュゼット***
フランベの光景がわくわくを誘う、ヨーロッパでは代表的なデザート。
なんでも、19世紀の菓子職人 アンリ=シャルパンティエがモナコのカフェ・ド・パリで働いている頃、イギリスのエドワード7世ご一行のために作ったのが最初で、プリンセス シュゼットの名前をとって名づけたと言われているそうです。

そういえば、アンリ=シャルパンティエのロゴって、炎がモチーフになってますよね!
8へぇ(古い)

で!

このデザートにひかれた理由のひとつが、本とのリンク。
読みかけの本の中に、
このクレープ・シュゼットがほんのワンシーン登場したんです。
世の中は偶然の不思議に満ちている☆

ミーナの行進

『ミーナの行進』 小川洋子著

家庭の事情により、一年間、親戚の家で暮らすことになった朋子。そこで出会った、か細くて美しく、本を愛するミーナと、その家族たちの物語。

『博士の愛した数式』の作者の作品です。
表紙は寺田順三さんのイラスト。
作中にも、ところどころ挿絵が。
懐かしくて、ほのぼのしているのになぜだか切なくなる、
ちょっぴりセピア色な小川洋子さんの文章に、
このイラストがさらに童話的な要素をプラスしてハマります。

「クレープ・シュゼット」は、ダンディな伯父さん(私の中では岡田真澄さんのイメージ)に連れられて行った喫茶室で登場します。

1970年代始めの物語ですから、まだまだ舶来文化(笑)は目新しい時代。
中学に入る春、超がつくお金持ちの親戚の家に預けられ、ドイツ人のおばあちゃんがいたり使用人がいる家での暮らしは、12歳の多感な少女にとってカルチャーショックの連続ですよね。
青い炎を上げて魔法みたいに誕生するデザートは、朋子の目にどれほど魅惑的に映ったでしょうか。
このクレープ・シュゼットが、朋子のこれからの生活すべてを象徴する存在として登場しているように思いました。

そんなわけで、お店のメニューに「シュゼット」の文字を見つけて
思わずオーダーしたというわけ。
朋子の気持ちがわかった・・・?
でも相手が岡田真澄さんじゃぁなかった、、、残念

| | コメント (0)

『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 著

この御本は、さる仕事先でご一緒の方にお借りしたものです。
このキャッチーでキュートなタイトルといい、
メルヘンな表紙といい、
なんとわくわくするような一冊でしょうか。

 

と、読み終わった瞬間から
きっとアナタもこんな口調になります!

一話目は不思議でした。
明治か?!というような文体。
読めない漢字、知らない単語に1頁目から出会う本も
いまどき珍しかったです。
まさか作者が自分より年下とは・・・

しかし、どんなに風変わりな口調でしゃべっていようとも
主人公たちはぴちぴちの大学生。

これは青春真っ盛り、片思いに身をやつす先輩と
恋愛とはいまだ縁遠い天然女子、ひよこ豆のように小さな
黒髪の乙女とが織り成す、キュートで奇想天外な物語なんです。

あまりの独自世界に、第一章は入り込めなかった・・・笑

ところがなぜだか、本当に不思議と コトン と、
第二章に入った瞬間に落ちました、
森見ワールド。

後はもう、「君の名は」ばりに報われない先輩の恋心にエールを送りつつ、あれよあれよと愉快な展開に引きずり込まれ、
気づけばアナタも黒髪の乙女の虜。
誰よりも彼女の後ろ姿を熟知する、恋する者になっているはずです♪

| | コメント (6)

『グラスホッパー』

グラスホッパー
車に乗り込んだら、
フロントガラスにお客様!

5センチくらいの華奢なバッタくん♪

一瞬、目を離した隙にいなくなっていました。
元気にどこかへ跳ねて行ったのかな☆

ちなみに…
『グラスホッパー』はカクテル名だったり、
バーをはしごする人を指す意味もあるんですって。

そして
伊坂幸太郎の著書にも同名の作品がありますが、
こちらは、まんま”バッタ”から。

グラスホッパー

バッタが、一定以上に固体密度が多くなると
体の色が変わって凶暴になることに掛けて、

妻を殺された教師・鈴木と自殺屋・鯨、そして殺し屋・蝉。
そんな3人の男たちの思いが交錯したときに大きく
動き始める運命を、軽快に、巧みに、そして
どこかユーモラスに紡ぎ出す書き下ろし長編。

損はさせません。
読んでみて下さい!!

| | コメント (8)

アラーキー

アラーキー
以前書いたアラーキーの本の画像、
改めてアップします。

いい本です。

| | コメント (0)

『終末のフール』

終末のフール

敬愛する伊坂幸太郎さま。

一冊読むごとにベストを更新します。

いまのところ、これがベスト☆

 

地球が滅亡するまで、あと3年…

そんな、ハリウッド映画のような、漫画のような終末の世界。

それが安っぽくベタにならないのがこの作家のすごいとこなのです。

理不尽な運命に翻弄されながらも
時に悲しく、時に強く潔く、それでもどっこい生きてる人たちを描いたドラマ。

もし、これと同じ状況になったら、あなたならどうしますか?
理性を超える現実に直面した時、人間てどうなってしまうんでしょうか?

人生の最後に、本当に大切にしたいものはなにか。
そんなことを考えさせられました。

読後、あったかい涙が流れる一冊です。

| | コメント (0)

『スイートリトルライズ』

スイートリトルライズ

『スイートリトルライズ』
幻冬舎文庫
江國香織・作

 

妻が 夫を 殺す。

それは果たして、非日常なのか?

  

江國さんの本だ♪
と思って手にした文庫本は、冒頭から実にショッキングでした。

 2つ年上の妻
 外資系企業に勤める夫
 離れてしまった2人

など、まさにいま、世間を賑わす事件とのリンクが
あまりに多かったので。

愛が欲しくない人なんていますか?
”ただ一人”の人と出会いたいと、
世界中の誰よりも強く結びつける人とずっといたいと
思わない人なんているでしょうか?

人間にとって(女だけなの??)、
それは究極の、ただただシンプルな望みであると思います。

なのに、それはほんとに難しいことらしい。

だから、
この物語は他人事じゃぁありません。

このニュースも、他人事ではないかも。

| | コメント (2)

『死神の精度』

死神の精度

『死神の精度』
伊坂幸太郎著
文藝春秋

この一週間以内に知り合った人がいて、

地名の名前がついていたら

その人は、死神かもしれません。

 

主人公の名前は、千葉。
職業、死神。

情報部から指定された人間の死が適正であるかどうかを
判断するのが彼の仕事。
1週間の間、対象人物を調査するために人間界に派遣される。
その人間が死ぬことが妥当か否かによって、
「可」か「見送り」の結論を報告する。
クールでいて、ちょっと天然?の
死神・千葉が担当する、6人の人間の死の物語。

 

そんな突拍子もつかない世界を設定しても
安い漫画みたいにはならないのが、
伊坂幸太郎のすごいところ。

相変わらずディテールまで凝っているので
描写に真実味があって、本を開いた瞬間から
伊坂ワールドに引き込まれます。

毎度のことながら、他の著書とのリンクがあります。
それも「すべての作品を読んでみたい!」
と思わせる理由のひとつ。

このテンポ感、ユーモア、知性、バランス感覚!
どれをとっても素晴らしい~~。

また同年代なのが勝手な親近感でして。
敬意もひとしおなのです。

とにかく、この人の作品、
読んでみて損はなし!
☆☆☆☆☆

| | コメント (0)

ついムラムラと。

ついムラムラと。

普段は割と1冊ずつ買うんですが(^^ゞ

どれから読もうかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧