« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の20件の投稿

ビーズアクセ作り

ムズムズムズ・・・・・

今日はちとアレルギー気味です!

この間テレビでやってましたが、
アレルギーにはやっぱり乳酸菌がいいらしいですね。

ヨーグルト食べます。

さて、そんな日はやる気になれないのですが、
このところ、ビーズアクセ作りに再びハマってます。

Image166

Image167  こんなのいろいろ作ってみました。

 

 

  

あ、でもキットです。

吉祥寺のCOTTON FIELDにかわいいのがたくさん
売っていて、いつもハンパない時間迷います。

今日は鼻をズビズビやりながらなので
脳もダメになってて、文もおかしいです。

ではでは!

| | コメント (5)

感動プレゼント☆☆☆

Image168

オードリー・ヘップバーンの
限定写真集ーーーー!!!
the audrey hepburn treasures

こんな素晴らしいプレゼントをいただいちゃいました! 

  

オードリーファンなら、もう当然チェック済みだろう、この本。
厚さ5センチくらい、おなじみのポートレートからレアな幼少時代の
ものまでを収めた写真集なのですが、

要所要所に、自筆の手紙だとか、オスカーを受賞した際の
サイン入り受領証だとか
ごくごくプライベートな品々のレプリカが収納されているという
いわば秘蔵版。

この演出はすごい。
妖精と言われたオードリーの存在が、なんだか本物に感じられます!
ていうか本物は本物だから・・・
形を伴うっていうか☆

初めて本屋さんで見たとき、うっとりしながら見ていて、
でも到底、手が届かなかった豪華本なんです。

しかも、いま思えば、
私の好みをさりげなく聞き出してくださった上での贈り物。

プレゼントの真髄までも教わった気がします。

とってもうれしかったし、さらに感動でした!
大切にしますね♪
ありがとうございました。

さぁ、これからのクリスマスシーズン
あなたならどんな贈り物をするでしょう?
たいせつな人の喜ぶ顔ってうれしいですもんね☆
やっぱり下調べって、重要ですね!

| | コメント (5)

最高のパートナー

寒い寒い寒い〜〜〜(>_<)
真冬並に寒くないですか?
氷雨です。哀

そんな本日、ジャパンカップ。
私もたまたま表彰式だけ見ました!

「彼も楽しそうに走ってました」
武豊さんのコメント、じわーっと来た〜(;_;)

レースの映像を見てさらに興奮。
一番後方からトップに踊り出るディープインパクト、すごいかっこよかったですね!ゾクゾクしました。

そしてまた、ゴールしたディープの首筋を力強く叩く武豊さんの姿に、愛おしさや友情や、いろんな思いを見た気が。

私もぽんぽん、ぎゅーぎゅーしたくなった〜(笑)

お互いの力がひとつになって一番輝けたら理想だな。

ウマにとって、武さんと出会えることは最高の幸福なんじゃないかなぁ。

これまで何頭ものウマたちの実力を最大限に引き出して来た、そんな武豊さんてカッコイイ!と今日もまた思っちゃいました☆

| | コメント (0)

コレガ現実ダ!

うわぁ、ついにあと一ヶ月ですよ。

クリスマス

 くりすます

    X'mas~~~

軽く壊れてみた。

みなさんは、なにか楽しい計画とかあるんですかっっ?(❀ฺ◕ฺω◕ฺ)

私は・・・

クリスマス・イブも、大晦日も、年越しも、初日の出の頃も

仕事してまーす☆d(d′∀`*)☆+.゚アハハハパ+.☆(*′∀`b)b

| | コメント (8)

洛中から東山へ(母ネタあり)

11月17日(金)

京都旅行3日目。

母のお茶仲間が、「大徳寺でなにかを特別公開している」
としきりに言っていたらしいので、今朝はそこから行くことに
しました。

その「なにか」を聞いておかない母とか、
それを調べない私とか、
そういうことには目をつぶってください。

行ってみると、どうやら聚光院のことでした。
千利休のお墓があったり、お茶に縁の深い場所なんだそうです。

今回公開されていたのは、利休自刃の席とも伝えられる閑隠席、
その隣の枡床席、2つのお茶室でした。

けれどまぁ、だいたいが特別公開といっても、一般公開されているものより
「すんげぇー」というわけでもないものでして、、、

でもご説明を興味深く聞きつつ、
つづいて大仙院へ。
ここではついに母がやらかしました・・・

大仙院は、現住職が昔テレビにレギュラー出演していたなど
世俗慣れしている(?)とあって、入り口からして商売の匂いが・・・
入ってすぐ売店があって、たまたまいらしたその住職さんが
サインしまくりでした。笑

でもさすがに、案内してくれるお坊さんのお話もおもしろいんです☆
住職さまという方は、著書もたくさんあるし書もされるのですが、
その書というのが、楽書というのか、
文字遊びをしながら説法するというようなもの。

そんな言葉を書いたボードを見せながら、お坊さんが・・・

「ね、うちの住職いいこと言いますでしょ。
 みなさんもおうちに飾ってください。
 これ、3500円です。
 でもみなさんおっしゃいます。
 『そんな大きいの飾られへん~』。
 そういう方のために用意しました、こっちの小さいの。
 これ1000円ね」

 笑

という感じです。(金額はウロ覚え)

その中で・・・

Image163 これは私が書いたものですが、
こんな書が書いてある色紙を見せて
お坊さんが話し始めました。
 

「これは、気は長く、心は丸く、腹立てずぅ・・・」

と言ったところで母が!

「あ~、命長し!」と

まるで「午後は○○、とっておき~」の観覧おばさんみたいに言っちゃったんですよー。

そしたらお坊さん、

「奥さん、それまだ早いの!」と、みのもんた張りの突っ込みですよ。
「ここ見て!小さく、『くち、つつしめば』ぁがあるでしょ」

 一同爆笑

もうーーー、恥ずかしかった~~~。
一番口慎まなきゃいけないポイントで口出すんですものー。

ちなみに色紙は買いませんでした。

で、今日は最終日。
哲学の道を歩きたい!と思っていたのですが、
時間もあまりないし、ふたりともけっこう疲れてもいたので
のんびり南禅寺だけにしておいて。。。

Image154 Image156 Image157 Image158

 

 

 

 

 

前日に、ちょうど「南禅寺の紅葉がまだまだ」、というニュースを
見たのですが、なんのなんの。きれいでした~

ここでも懲りずに特別公開なるシャンデリアみたいなのを見て
(これがどこのなんだったか・・・わからず)、お庭をまわって
初の母娘二人旅が幕を閉じたのでした(^^)

母と二人での旅行なんてのも、いいものですね☆

| | コメント (2)

嵐山へ

11月16日(木)

京都の旅二日目です。

今日は張り切って動く気まんまん。
9時にはホテルを出発。
バスで嵐山へ。

昨日の東山はまだまだ紅葉を見られなかったのですが、
ここまで来るとやっぱり違います!

天気は最高!
保津川沿いでバスを降りると、川面に太陽がキラキラ映って
わくわくしてきます☆

Image123 保津川沿いに嵐山方面へ。
道々、興奮気味にシャッターを押す私。

こちらはかの有名な料亭『吉兆』の門構えです。
意外と地味。

 

 

Image124 天竜寺への入り口となる細い道に
見事に色づいたもみじが。

やけに赤かったなぁ

 

 

 

Image127 宝厳院のお庭。
紅葉にはまだだいぶ早かったのが惜しかったけれど、
お庭はよかった♪

 

 

 

そして、本日の目的、あの竹林へ!

Image130_1大河内山荘に続く竹林。
テレビでよく見る光景ですよね~
この情緒!
外国人が好きそうと思いましたが、
あまり見かけなかったな。

真ん中にいるのは、頼まれカメラマン中の母。

 

Image133  

 

 

 

 Image134

大河内山荘の庭園内
嵐山が一望できるポイント

 

Image137 Image138 Image139 Image144

 

 

 

 

  

Image146 ゆっくり庭園を散策した後は、お抹茶とお菓子で一服。
入園料にお茶代が含まれています。

拾ったもみじを添えてみました~

 

   

大河内山荘、良かったわー
さすが趣味のお庭だけあって、贅(心の)のかぎりを尽くしてあります。
オススメ。

ぶらぶらと嵐山散策へ。
Image147 Image148

中学の修学旅行ではただ通り過ぎた
落柿舎。
いま見ると、その「さび感」というのでしょうか・・・
妙に胸に訴える感じ(笑)

もみじの右に柿、見えるかな??

 

あーそうか!
修学旅行のときは柿が生っていなかったのだわ、きっと。
道理で、雰囲気3割減のはずです。

母が、「そろそろ庭はいいから、お寺お寺したところを廻りたい」
というので、竜安寺へ。

Image149 見る角度をどう変えても14個しか見えない
石庭の石。
黄門さま縁のつくばいも見て、
ちょっぴり静かな気持ちに。
最後にもういちどゆっくり石庭を眺めながら
その庭の意味について語り合ったりしました☆

  

つづいて金閣寺へ。

Image152

 金ぴかでしたー

 

 

  

 

そして今夜は、先斗町だ!!
ウキウキ♪
先斗町、狭い!小路です!
でもとてもいい雰囲気。
5時半と、この場所にしては早い時間のせいか静かだし☆

ひと通り両脇のお店をチェックして、
フレンチの店に決定。

『京フレンチ きしもと』

まぁ初めて入ったお店なので、5000円のコースに
しておいたのですが、これはもっと高いコースでも満足させて
くれたのではないでしょうか。

大正解☆

前菜4種が、盛り合わせなんかじゃなく
一品ずつ工夫を凝らしたもので、この時点で私たちはうれしくなっていました。
(翌日のランチも来ようとしたほど)
例をあげると、
 生湯葉と海老、ホタテのカクテルムース仕立て
 白身魚と柿のサラダ、バルサミコ風味のドレッシング
 きのことりんごのグラタン
など。

京フレンチというだけあって、バターや生クリームをほとんど使っていずに
和風に仕上げたお味。
魚・肉、両方出る内容でしたが量もほどよく、
食べ終わったときに初めて満腹を感じるお料理でした。

感動したのはデザート。

Image153
くりのアイスとケーキ3種盛りなんですけど、
母と私とで、ケーキをぜんぶ変えて持ってきてくれました!
計6種を味わえた☆

サービスも朴訥とした感じながら、本当にいいお店でした。
「せっかく解禁日だから」と頼んだボージョレーは
置いていませんでしたが、総合的には大満足でしたよ~

というわけで、
よく歩いた2日目、終了。

| | コメント (2)

京都へ

11月15日(水)

東京駅で母と待ち合わせ。
私は夜勤明けのその足で出発です。
夜勤前にピアノコンサートにも行っていたので、
すでに体力に自信なし。
母がのっけから携帯電話でやらかすのでイライラしたわー。笑

でも、電車に乗ってお弁当食べる頃には
何事もなかったかのように仲良し☆

それにしても関が原って、本当にいつでもそこだけ天気が悪い。
不思議ですよねぇ。びっくりしながら、爆睡して・・・・
到着~

Image115  

 

 

 

 

この日は午後にひとつだけ。
「御寺(みてら)」と呼ばれる天皇家ゆかりのお寺、泉沸寺へ。
静かで穴場的な、いいお寺でした~。

母も私も京都は数回目なので、どちらかが行っていない
ところを廻る感じにしました。

ホテルへ帰る途中、町屋へ。
私ってばここへ来たら、目ギラギラ。
疲れも忘れるくらいたのしかったです!

町屋は本当に異空間。
この佇まいは京都ならではですよね。
着物姿がなんと似合うことか!
着物着たかったω`)
舞妓体験は、母に拒否されたので断念。(芸妓さんを勧めたんですけど)
無念です・・・

かわりに舞妓さんを追っかけしました。
かわいいぃぃぃぃぃぃいーーーー!!!!
しかし残念ながら写真を撮るのに必死で、あんまり見てません。笑

町屋の画像はまた載せます。
電池切れで母の携帯で撮ったので。

町屋でのお食事も心惹かれましたが、夕飯はホテルで京会席を。
おいしかった(^^)

夜、喉が危ない感じだったので、フロントで加湿器を拝借。
ついでにオセロを借りて、母とゲームに興じました。

| | コメント (0)

デビュー☆

電子手帳デビューです~♪

Image162

Image161

 

 

 

  

 

なんか意味不明にカバーまで買っちゃいました。

その上ストラップ・・・
京都で買った組みひも、さらに風水カラー!
(ひと昔前の黒電話並みの扱いやん。)とか言わないように。

 

今はすごいですね!
ペンタッチやカラーもあるし、テレビが見られるのも
出ているとか。

いろいろ悩んだんですが、
最低限必要のものが入っていれば十分!と
SHARP製にしました。

スーパー大辞林・・・アクセント記号入り
漢字源
カタカナ
地名

これくらいがあればよかったの。

13コンテンツと、ほかの辞書に比べるとかなり少なめですが、
知恵蔵が入っているのが気に入っています。

これで私も雑学王♪

| | コメント (0)

蛙の子は蛙かも

「足元が危ないから注意しなさいよ!」と言って
母がつまずく。

笑いましたが、
つづいて春先の出来事を思い出しました。

そう、某スキー場にて。
「準備運動を侮っちゃいけないよ!やらなきゃダメダメ」と
みんなをたしなめておいて、
率先して脱臼した、スノーボードの思ひ出。

 
やっぱり似てるかもしれません。

| | コメント (4)

山あり谷あり

お世話になっているお仕事先でボウリング大会がありました。
私の参加は二回目です。
前回は絶好調。
見事、空気清浄機と石原裕次郎記念DVD4枚組
(と若干のひんしゅくと)をgetしたのでした。

そんなわけで、「まぐれです、、」と恐縮しながら、
心の内ではかすかに期待もしてしまおうというもの。
(よし、今回はDSか?!)な〜んて優勝賞品に狙いをつけたりもしたり。

で、これがget賞品です☆

山あり谷あり 

『携帯バナナホルダー』〜〜♪

驚くなかれ、約90%のバナナが納まる計算され尽くしたこの形!

バナナひと房もいただいちゃいました。副々賞(笑)

入れてみた。

山あり谷あり

すごーいっっ!!
ほんとに入った!

ちなみにこちら、ブービー賞。

山から谷へ急降下の今大会でした♪
次回はどうなるのかな〜☆p(^^)q

それにしても、
『ブービー賞』って一体なに?!
ビリから二番目のことだというのもこの時知ったんですケド(それもどうだろう f^_^;)、
なんでそれが1〜3位やビリと同じく賞に値するのか全然わからない〜p(>_<)q
でも「せっかくビリを免れたのに名前呼ばないで!そっとしといて!」っていう屈辱感はあった??
そこがミソなのかな。

まあ、ビリビリって言いますが、そのビリも仲間だったんだけど。ごめんね○ちゃん(笑)

なにはともあれ楽しかったです☆

次回こそ…メラメラ… (ฺ◣д◢)

| | コメント (8)

京都☆女二人旅

Image155

15日から京都に行っておりました!

「京都の紅葉がおかしい」と、昨日もテレビで言ってましたが
画像は今日の南禅寺の様子です♪

緑とオレンジと赤

そのグラデーションがうつくしい。

真っ赤はたしかに圧倒されるけど、こんな紅葉もなかなかです☆

 

旅行記はまたいずれ。
(※珍道中ではなく、立派に帰ってまいりました)

| | コメント (6)

1から0へ

これは、自然の摂理によって変化せざるをえなかった、
ある哀しい者の物語である。

***********************************************

生まれたままの姿で鏡の前に立って、ふといぶかしく思う。

(なにかが違うな…)

ウエストのラインを上へ下へ右へ左へとなで回すうち、
彼女は気付いた。

(臍だー!!)

(形が変わってる!) ( ̄▽ ̄;)

昔から”細身”とは縁遠い彼女だが、
なぜかオヘソだけは細かった。
一本スッと切り込みを入れたような縦長で、
「我れながら悪くない」と思える形をしていたのだ。

しかしながら、あまり不特定多数に披露するパーツでもないし、
かといって心許した人に「イイネ!」などと褒めてもらったこともなく。。。
要するにモッパラ彼女の中だけでの自慢だったのだけど。

しかし、彼女がひそかに誇らしく思うオヘソちゃんは
油断している間に変貌してしまったらしい。

1だったオヘソの形は、0に…

さらに、彼女は見つけてしまった。

0のオヘソの上部が、
かすか〜に垂れ下がっている。
まるで
眠気に負けんとするまぶたのように、
屋根に積もった雪が軒下に解け落ちようとしている時のように…
オヘソの上部がゆるくたわんでいるのだ(┬┬_┬┬)

1が0になったことより、そのたるみの方がびっくりしました。

おっと、うっかり一人称になってしまった。

引力やら重力やら、目に見えない自然界の力に
愕然とした瞬間でした…

| | コメント (4)

さぁさぁ、お次は

名刺に続いて年賀状まで作っちゃいましたよ。

すごくない??
いつも31日に書いてるのに! 

だって~ (✿ฺ´∀`✿ฺ)
図書館で出会っちゃったんだもん。

 

年賀状の素材集☆

図書館て、そんなのまで置いてるんですね!!
図書館万歳!

カウンターで見かけた彼。
(なにもいまから借りなくても・・・)と一瞬思いましたが
(いや。いまのこの瞬間は奇跡なんだ。
これを放棄したら、この後お目にかかるチャンスは
きっと永遠に訪れない!!)
と思い直して捕獲してきました~♪

お目当ての本はいっさいなかったけど、
すごく得した気分。

猶予は1泊2日なので、せっせとダウンロードして、
試し刷りしたり。

この印刷するまでが好き。
住所を書くのがきらい。

だから、きっとまた31日に書いてると思います・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

染まっちゃいな♪

また日記を書こうかな、とは先日宣言したところ。

そこでダイアリー買ってきました☆

Image109

お店で気づいたけど、
今日び、昔みたいな『鍵つき』っていうのはないものですね。笑
(あっても買わないが、、)

たかだかノート一冊なんですがいろいろと悩んで(私は優柔不断)、
ようやく決めたのがこちら。

なるべく明るい気持ちで開けそうな表紙のものを…
と思って選びました♪
バラの園と青い空、白い雲。
私にしてはちょっと乙女ですが、気に入ってます。

この1センチくらいの厚みのノート、
どれくらいでいっぱいになるんでしょうね(^^)

ところが、きょう衝撃の事実が発覚!

2007年の風水カラーが、

オレンジ ・ ライトグリーン ・ ゴールド

なんだそうです!!

日記帳↑↑ぱすてる・・・・・・
ぴんく・・ぶるー・・・・・・・。・゚・(Д`)・゚・。ウワァァン

まぁいいです。

代わりに、名刺を作ってみました。
ネットで注文。初めての試みです。ドキドキ

当然、

オレンジ♪

ぷぷぷ(●´艸`)

お仕事、たくさん来るといいね~☆

 

あ、ちなみに日記は黒ペンで書かない方がいいんですって。
「未来のことを書くといい」と教えてくれたNちゃん情報。

李家幽竹さんという方が言ってらしたそうです。
HPを見ると、さすが。
ご本人のお名前を始め、しっかりラッキーカラー!!
Dr.コパさんの2007年度版著書なんか見て!もっとあからさま!!

ソノ気になってきたぞ。

イイネ。来年は風水に染まってみよう♪

 染まっちゃいな
 明日に向かい虹の帯をたぐり寄せるのさ
 そのどっか一つ君だけの色

         ♪「明日に架かる橋」/レミオロメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十年ひと昔

衣替えのついでに、引き出しの整理もしたら、昔の日記を発見!

恐る恐る開いてみると、1996年〜97年の日付。
10年前のものでした。

いやぁ興味深かった!
そこにいる私は、
異星人でした。

いや、異性?

十年前は女の子だった(笑)

まぁキツいジョークはここまでにして(ジョークです)、

日記ってやっぱり書いておくといいものですねぇ。

ちょうど先日、仕事で十年前を思い出していたところでした。

1996年は、Puffyがデビューし、SMAPは『青いイナズマ』を歌い、GLAYもトモちゃんもまだ絶頂にいた。そんな年でした。
(そういえばYahoo!も10周年ですね)

それらがやけに懐かしく感慨深かったのは、
今思うと、私が日記を書いていた時期だったから、なのかも!

たしかにその頃は、私の人生の中でも印象深い時代だったと思います。たくさん悩んでました。

でもその後だって激動でした。(言うほどぢゃない。W)

それでも10年前がひときわ心に焼き付いているのは、その時の気持ちや考えを言葉におこしていたからなのかもしれませんね。

中に、映画『THE AGENT』について書いていた箇所がありました。
トムクルーズ主演のこの映画、スポーツ選手のマネージャーのような代行業務を生業にする男の話しで、トムが勘違いのダメ男(ウロ覚えですが)を演じた初めてくらいの作品だったのでは?

とにかくその中で、
トムがエレベーターで同乗した、言葉が不自由なカップルの会話が印象に残ったと、私は書いています。
男性は手話で語りかけます。「僕は君で完全になる」

「僕は君で完全になる」

たしかに素敵な言葉です。

でも今の私が見て、当時と同じ涙を流すかはわからないなぁ。

当時、私はそれにシンクロする想いをしていたってことでしょう。

映画や歌の中の言葉との出会いは、まさに運命ですよね。

だから、
日記って書いておくといいものだな、って思いました。

十年もひとっ飛び。
CROSS ROAD。(←意味はない)

また書いてみようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鬼を笑わそうと

鬼を笑わそうと

カレンダー買いました。

クルテク大好き☆

おととしに続き二回目です。

クルテクはもぐら。
地元(北欧だったかな…)では国民的人気キャラなんだそうです。

クルテクの世界は色が溢れていて、
どちらかというと殺風景な私の部屋が、そこだけ楽しくなるので気に入ってます。

来年も見るたび元気にさせてね〜♪

 

今宵は月がきれい。
橙色でとても大きいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ハリガネムシ

母が驚愕の表情で、
「なんかすっごいモノを見た!( ☉)
というので状況を聞いていろいろ調べてたら、
ハリガネムシにえらい詳しくなってしまった・・・・

母が見た光景というのが、
緑色の葉っぱのそばに、細い木綿糸。

でもなんか動くなぁ(母は老眼)と思ってじっとみていたら、
その糸状のものが、ニュルニュルニュル~~~とすばやく
動き出し、その緑色のものにぐるぐるぐる~~~~!と巻きついた!

というのです。

隣にいたおくさんと
「あれ、なんでしょう」「あんなの見たことありません」
「ヘビでしょうか」「ヘビには頭があるから違います」

などという会話を交わしつつ、その場を離れてしまったのが口惜しい。
と。

そこで私が調べたんですけど・・・・

どうやら、緑色のものはカマキリ(母は老眼)、
糸状のものはハリガネムシという寄生虫だとわかりました。

ご存知ですか?ハリガネムシ。

ハリガネムシというのは、その名の通りただの1本の針金のような形をしていて、色は白っぽいものから黒いのまでいろいろ種類があるようです。

長さは10センチ~長いものだと1メートルくらい。これは寄生する個体によって成長が変わってきます。

軟体動物のくせに意外と固いらしい。
もともと水生動物なので、陸でひからびることもあるそうですが、水につけるとまた元気になるんですって。

主にカマキリに寄生。
ちょうど、秋が成虫に育つ時期のようで、発見記事も9月、10月のものが多かったです。

育ったハリガネムシは、しかるべき時期になると出てこようとします。
そのときは、普段水には近寄らないカマキリを操って、水に近づけるのだそうです!
そして水に触れた途端に、腹から脱出を始めるんだって。

ね、詳しいでしょ。
これ、ほとんどソラで書きましたよ。笑

う・・・・、たしかにグロい。
でも多くの人はグロ過ぎ、げんなり、っていう感じなんですが
意外と大丈夫みたいな自分。。。

せっせと記事を、検索。

でも、それはホンモノを見ていないからだと思います!!
なんせこういうの、大嫌いですから!
見たことある方!どんな感じですかー!?

さらに生の声を求めて、呼びかけ。

母も出てくる瞬間を目にしたわけではなかったので
まだ”興奮”程度で済んでいるんでしょうなー。

もし興味がおありでしたら、以下ご参照ください。
衝撃映像注意です。

これがハリガネムシだ!(動画)

笑える記述で気に入っているサイト↓
恐怖!!ハリガネムシ

これは長い!↓
ハリガネムシ

あ~ぁ、こんなに詳しく書くつもりなかったのに・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ぐだぐだ

衣更え

嗚呼 衣更え

衣更え

         早くはじめろ

 

おや。

この句、滑舌の練習にも良さそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

霜月

11月になったんだ~と考えて、
ふと
陰暦でなんて言うんだっけ???

霜月・・・?

わりとすっと出てきたけれど、自信なし。

試しに1月から言ってみよう。
流れでそらんじたら思い出すかも。(英語みたいな感覚)

と思ったけど、
1月がすでに出てこなかったー!(ノ。>д)

睦月でした。

そこで、あらためて調べてみることに。
脳細胞ちゃんが死なないようにね♪

睦月
如月
弥生
卯月
皐月
水無月
文月
葉月
長月
神無月
霜月
師走

あなたは全部言えますか?
私は5月と7月もあやしかったデス、、

 

さて、霜月といえば、
私がまだじょしこぉこぉせいだった頃などは
今よりずいぶん寒くて、本当に11月1日になった途端に
通学路の畑に、雪かと思うくらい白い霜がびっしり降りたものです。

11月いっぴ。
本当に、そういう年が多かったんです~
それで、「霜月ってほんとだぁ」などと新鮮に感動したものですが
(旧暦と新暦のズレなどはここでは問題にしないように)

今年はあったかいですねー!
これもある意味、感心ですよ。

せっかく買った冬物になかなか袖を通せないで
歯がゆい思いをしている方も多いのでは?

ハロウィンも終わり、街のキラキラが一挙に増してきました☆
今年も、残り2ヶ月なんですねぇ。。。

まだ衣替えしてないよ・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母の観察日記 その15

タイトル 『わが家のシュールレアリスム』

Image100  

 

 

 

今朝食卓に出た

   お吸い物。。。といえると思う。たぶん

ゆでたまごとアスパラ入り。    ゆでたまご・・・

丸ごといっこだし・・・・・・・・・・・・・

 

     白い

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »