« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の25件の投稿

手拭実染塾・体験記!

ついにこの日がやってまいりました。
楽しみにしていた手ぬぐい作り!

当日は仕事を終えてから駆けつけたので
ちょっと遅刻です。ゴメンナサイ

みんな(あと6名参加!)は、
手ぬぐい作りの工程=伝統工芸技術を
ビデオで鑑賞してからの実践だったそう。見たかったな。。。

でも、「見てるのとやるのでは全然ちがう」と、友人Yっきん。
特に第一段階の糊づけは、体全体を使う難しい作業で
師匠の滑らかな動きは、長年の経験の賜物と言えそうです。
Photo_30  

 

 ポリバケツの中が糊。布、型紙と重ねて
 上から糊を板状のもので塗りつけて行きます。

 

 

次なる体験は色つけ。
この作業を”注染”て言うのかな?(自信なし)
希望の色を伝えると染料を作ってくださいます。
Photo_31  

 

 この日の人気色は鼠(ねず)でした。
 職人気質の師匠的には、藍を激しくオススメしてましたが。笑

 

 

そして洗い。きれいに色が入ったかなぁ~とドキドキのシーン☆
脱水したら長ーい布をぱんぱんとはたいて干します。
Photo_32  

 

 風にたなびく愛しの我が子☆おしめのようですな。

 

 

乾いたら専用の機械で巻き取って反物に。
Photo_33  

 

 足元のペダルを踏むと機械が回る。
 これまた結構難しい。

 

 

そして・・・・
Photo_36 

 

 

 

 

こちらがズラリ並んだみんなの作品!(*^^*)
こうして揃うと、なんともかわいいでしょう~??(親ばか)

できあがった私の作品。
切るのがしのびなくていまだに長いままですが、
手ぬぐいサイズにするとこんな感じです。
Photo_37  

Photo_38 

細かい柄が意外とキュート~~~
柄は毎月変わりますが、今月は「団扇」柄♪
私は全体を鼠、ピンクでワンポイントつけました(*^^*) 

 

  

というわけで、手拭い染め、本当に貴重な体験でした!

私は手拭い自体というより、”作ること”や”伝統工芸”に
興味をひかれて参加したのですが、一連の作業を実際に
体験できて、本当に楽しかったし勉強になりましたねえ。

こういった業種は、どこも後継者不足に悩んでいるそうです。
たとえば、染料を流し込むときに使うジョウロがあるのですが、
それを作れる方も、もう日本に1人。
高齢の職人さんしかいらっしゃらないんだそうです。

日本の伝統文化を遺すには、ものすごくたくさんの人の
意識と努力がないと難しいんだなぁ・・・と少し切なくなりました。

でも、この日教えてくださったもう一人の師匠は
若いかわいらしい女性!
どういった経緯でこの仕事に携わるようになったのかなど、詳しくお話を聞きたかったけれど、とにかく素敵なことだなと思いました。

鼠や藍など色名ひとつとっても、この情緒。
日本にしかないものです。
和ってすばらしい。

東京和晒のみなさん、日本の伝統を守るべく
ますますがんばってください!!
Photo_35

 

 事務所に飾ってある特注品の数々。
 目を引くものがたーくさんあったけど、
 こちらは非売品、、、残念!

 

 

 

余談ですが、この後 参加者有志で行った
居酒屋『くるま』はすばらしい店でした!

安い!うまい!人情の店!
私が求める「正しい居酒屋」。

VIVA 立石!

| | コメント (6)

舟和の抹茶あんみつ

舟和の抹茶あんみつ

ただの抹茶あんみつと侮るとケガをしますぜ。

寒天、あん、蜜まで すべて抹茶。です!

生半可じゃあない♪

 

こちら、立川・伊勢丹にて、「土日限定」で販売されています。

限定モノと思うと、イソイソと買いに出かけてしまうのが人情。
その上、毎週日曜に立川を利用してるってのがまた…ねぇ〜え?
運の尽きでございます。

 

甘さ控え目。

超・オススメの逸品です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早起きは

苦じゃありません。

でもできれば、したくないなぁ。

 

なんて思いながら歩いていたら!

ナンパされました。 朝っぱらから。

「こんばんは」

と言ってきた!ちなみに朝5時ね。

ムカ

こういう手合いはいつも無視しているのですが
(エラそうだが、その実ほとんど経験がない)、
続く「どっか遊びに行きませんか」っていう台詞と
あんまり(強調の”あんまり”=あまりにも)冴えない男なんでアったま来て、
「いやこれから仕事なんで(冷笑)」と放ってやりました。

「そうなんですか」とすごすご引き下がったのは、

気弱なのか

はたまた、近付いてみて興味を失ったからなのか…。

いずれにしても。
営業マンなら、さぞかし売れないだろうなー。

早起きはちっとも得じゃないお話。

でもいま、電車で向かい合った他人が同時にくしゃみをしたのがおもしろかったから、チャラ☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハハハハハ~

笑ってるんじゃありません。

ボイストレーニングに行ったんです。

体験レッスン。

いろいろさ。考えるところがあってサ。

 

ピアノに合わせて発声しました(><)

ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・ハ~

はまだいいんですが、

ハハハハハハハハハ~

になると、全然できなくて

ほんとに笑いそうになります!( )アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / /

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食いだおれ~

8月24日にオープンしたばかりの
ショッピングセンター「横浜ベイクォーター」

今週の月曜日、オープンに先駆け取材に行って参りました。

 

以下のものを食べました。

☆イタリアン前菜5種くらい
  マルゲリータピザ2切れ
  シャンパン(モエ・エ・シャンドン)
  ピーチアイスティー

☆イベリコ豚つけそば
  お茶3杯
 Photo_26

Photo_27

 

 

 鴨汁そばの豚肉版

 

 

☆ ブルーベリーパフェと特製チャイ
 Photo_28

Photo_29   

 

 

 栗原はるみショップ「ゆとりの空間」にて

 

 

 

とにかくすっごい食べた。
もうダメ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

更新したわけでもないのに

この1時台だけでアクセス数が50も。

 

謎。

 

面白半分に更新してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の観察日記 その10

突然、嬉々として母が言う。

「カレンダーがないから作ろう~♪」

 

始まった始まった。

ちなみに、カレンダーはあります。
各部屋に1コずつくらいの勢いであります。

 

そして数分後。

「まいこ大変!今年もあと3ヶ月で終わっちゃうわよ!
 10,11,12。ほらね」

「・・・・・
 いや、9があるでしょ。9はどこ行ったの」

母の元へ近づきながら低めのトーンでツッコミます。

 

すると・・・

飛ばしてる・・・・・
慌てて直したようです。

母にスケジュール帳を買ってあげようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怪傑ものが好き☆

世の悪をこらしめる悪党。
これは気持ちがすーっとしますね!
時として、勧善懲悪よりも小気味いい。

もちろん、条件はあります!
その犯罪も理に敵っているとか、人が死なないとかね。

鮮やかな手際でやり遂げられる犯罪には、
不謹慎ながらわくわく&ニヤリ。
思わず犯人を賞讚したくなったりするものです。

今回読んだのは、そんな痛快な強盗が出て来る2冊です。

続きを読む "怪傑ものが好き☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よく眠れます♪

快眠の友

この数日はお疲れモードでしたー。 なかなか更新の時間もなく。。。

さて、今日は私の快眠の友をご紹介♪

アイピローです。 たぶん、クマ…

前の会社を辞めるときに友人がくれました☆

お腹側にはカンガルー状の袋がついていて、ハーブが詰まった小袋が入っています。 香りが弱くなったらまたアロマ液をたらせばOK。 目にのせると香りに包まれます。

へんな時間に寝るときなど、暗くするのにも重宝してます☆
テヘ!(昭和の香りふたたび。会話ではまず聞かないよなー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短期決戦

ミンミンゼミって、朝から鳴くんですねー! 炎天下のイメージでしたが、明け方から大音量でびっくりしました。 先週もこんなに凄かったかなぁ。 やっぱり短い命だから、時間を惜しんで鳴くんでしょうか。

さて昨日は、久しぶりに前の職場の人たちと飲み。 だいぶ遅めの送別会とか結婚おめでとうの会です。 楽しい時間を過ごせました♪

今日に備えて、後ろ髪引かれつつも9時には一人失礼したのに、乗った電車が一駅で止まってがっくり。 そこから1時間停車ですよ! マッタク中央線はやってくれます! 2時間かかって意味なし。 お尻が痛くなった。 むなしい。

それにしても、時間を惜しんでハイペースだったのか、どうもお酒が残っているようです… 今朝は少し、修行のような出勤です。。

飲みは、セミのような短期決戦型はいけませんね!d(^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

海の幸山の幸

海の幸山の幸

まんま過ぎませんか、おかあたま。。

 

イカと海老の丸焼き(お皿にも注目)
そしてきのこご飯、その他です。

おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想の彼氏

Yっきんさんから回ってきていたバトンに
ちっとも気づいていませんでした。

いくつかあったけど、
興味を引かれたものをここで回答することに。

きゃーーーー(*^^*)

ま、いまさらこんな悠長なこと言ってられる場合でもないんですがね。

ま、理想なので。自分再認識ってことで。

きゃーーーーーー☆☆☆(*^^*)

 

お題:「理想の彼氏・彼女について」

では行ってみます!

続きを読む "理想の彼氏"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

発見☆

Photo_22  

 

 

 

 

ついに見つけましたよ~
「春夏冬中」

続きを読む "発見☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午前3時、六本木のTSUTAYAは

午前3時、六本木のTSUTAYAは

TSUTAYAにいます。

1Fはスターバックスと洒落た洋書を中心に置いている本屋さん。
午前4時で閉店になるこのビルが、近ごろ私のお気に入り。

暇なのでついつい日記など書きたくなります。

さて、こんな時間に、ここにはちょっとびっくりするくらいたくさんの人がいます。

しかも素性がわからない人種ばかり。

セレブ然とした、いや実際そうなんだろう
サングラスをかけてレジに立つ女性

お風呂上がりの散歩のような気軽さでやってくるカップル

仕事の合間の息抜きか、品のいい襟の高めのドレスシャツを
これまた品よく着崩してCDを試聴するイイ男

ゴールドのビーサンにゴールドのバッグ、
束ねた髪も金色で、やけにつるんとした脚を
ホットパンツからのぞかせる男性?らしき人物

 

繰り返すが、午前3時だ。

 

一体彼らの日常はどんな風なんでしょう?

 

それはあまりにも深い謎なので、私は本に目を戻すことにします。 

 

と、隣りで「hi,honney☆」と電話をはじめた若い男性が。おっと途中からは日本語だ。どちらも流暢。混ぜるな。感じ悪い。一体相手はなに人なんだ。

 

深夜の街は不思議。

 

よし。毒づいてないで、あと5年のうちに私も彼らの仲間入りをしよう。

こんな、この年には厳しい労働条件下、仕事の合間の時間潰しではなく、富と名声を持て余してここに来るぞ。

その日まで、私よ、精進するのだ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日という日に。

戦争が終わって61年。

うすれ行く記憶ほど怖いものはありません。

 

争いはどんなものであろうと、すべての人を不幸にします。

 

子供たちの笑い声が聞こえないような、そんな日が来ては
絶対にいけないと思う。

 

この地球上から、すべての争いがなくなることを心から願います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『ゲド戦記』

Photo_21  

 

 

 

 

いや、いいと思うけどなぁ~。
みんなジブリのイメージに惑わされすぎですよー。

郷愁とかワクワクはなし。
テーマは結構重く、
舞台となる世界は、ちょうど現代社会と同じような”病気”に侵されてます。

監督のまじめさか、処女作で余裕がなかったのかはわかりませんが、メッセージはシンプルだし、多少暗くても、ナウシカ派のワタシ的にはストライクです。

 

吾郎監督だってこーんな巨匠を父に持っちゃ大変ですよ。
そんな中、とてもいい作品を作ったと思うなぁ。

たしかに他のジブリ作品に似た点はとっても多いんですけどね。
でもそれは、ご本人が認めてる。「真似しました」って。笑

父の偉大さを受け容れ、踏襲すべきことは踏襲し、それ以外は打ち壊して自分の居場所を勝ち取る。
主人公・アレンに吾郎監督がダブりました。

 

ちなみに、「ゲド戦記」のほかにこの作品の原案となった「シュナの旅」という本があります。
宮崎駿さんのオリジナルの絵本です。
ずーっと前に読んで大好きなものでした。
これが映画化されないかな~と思っていたくらい。

たしか古本屋さんで50円くらいで買ったんだよな~
掘り出し物でした!

いま改めて注目されるかもしれませんが、目にしたらぜひ手にとってみてください☆
それこそ、”宮崎ワールド”が凝縮されてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◇緊急のお願い◇ 清き一票を!

仕事仲間であり、個人的にもだいすきな小濱奈々ちゃんが
ただいまお台場シーサイドイメージガールの最終組に残っています!

これは、デックス東京ベイスタジオという
ラジオ局主催のオーディション。
最終に残った12人の中から見事選ばれれば
イメージガールとして番組出演ができる!

奈々ちゃんはずーっと「ラジオでしゃべりたい」という夢を持っていたんです。
今回のオーディションは、その夢が叶う最初の一歩として、
本当に、この上もないチャンス。

みなさんのお力で、ぜひとも彼女をデックスビーチのスタジオで
しゃべらせてあげてください~(ノ。>д)

ココで彼女の動画が見られます。

ね?キュートでしょ?

コロッと行った人や「応援してもいいぜ」というあなたは、
ぜひぜひ、こちらへ投票&応援メッセージをお願いします。

「エントリーNO.10の小濱奈々さん」
と、必ずお書きくださいねー!
いくつかアドレス持ってる方は、なるべく別人風でお願いします。笑
今月末くらいまで投票を受付けるようです。

 

よろしくお願いしまーす!!!

| | コメント (20)

『ゆれる』

ゆれる

2006.7公開
監督 西川美和
出演 オダギリジョー
    香川照之

ついに!ついにーっ!!

三度目の挑戦で、鑑賞成る☆

 

対照的な兄弟、ひとつの事象、ゆれる記憶。
郷里で起きたある出来事をきっかけに、結ばれていたはずの兄弟の絆が揺らぐ・・・

 

同じものを見ても、心ひとつで見え方が全然違ってしまうということ。
改めて、思い込みって怖い。

それはこの映画自体にも言えることかも。

俳優たちがその心情を語る言葉はありません。
目線やちょっとしたしぐさなど、演技だけで見る側に伝えます。

だから真実はわからない。
物語の最後で、どう感じ、どう想像するか。
そういう余白が残される作品です。

 

兄弟かぁ。
でも、世の中の兄弟姉妹って、似ていないことの方が多いんじゃないだろうか。
うちもそうだなー。
なんっか弟の方が得してるような。笑
兄弟がいる人なら、きっと似たような感情を一度は持ったことがあると思う。

肉親だからこそ許せないのに、肉親だから鎖は決して切れない。
その絆をどういう風に受け容れるか。

ま、そんな意外と重いテーマながら
決して救いのないラストではない。
と、私は感じました。

俳優たちの静かな演技が、作品に深みを与えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のお盆

亡き友人のお参りを済ませ、弟一家の帰省を受け入れて
私のお盆は一足早く、無事終了と相成りました。

置き土産↓

Photo_19 Photo_20  

 

  

 

 

かわいい甥っ子たちとのしあわせなひと時と
お嫁さんが持ってきてくれたブルーベリーシロップ
(実がぷちぷちはじけます。甘酸っぱくておいしい☆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冷し中華は

胡麻ダレ派ですか、しょうゆダレ派ですか?

私はしょうゆ♪ 

冷し中華 

こちら、新宿『達磨』の冷し中華。
麺が一見、そうめん。
でもツルツルシコシコしておいしかったです!

 

冷し中華 

セッティング後。。。いかがなものか・・・・・・・
手前の白いのは、クラゲです!コリコリ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

不安 のち マンゴー論♪

不安 のち マンゴー論

毎週この時間にドライマンゴー食べるっていうのは、

果たしてどうなんだろうか

(-"-)

とは思うけど、夜中ってお腹へるよね!

しかし今日のは

すっぱくてうみゃい(*^∀^*)

黒っぽいと甘いみたいなので、

買うときはなるべく

黄色っぽいのを選ぶようにしてます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10!9!

10!9!8!7!・・・・・・3!2!1!0!

    (一瞬の間)

ドドドドドド・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!

060805_2008_1 

 

 

 

 

うぉーーーー!
100万の観衆の感嘆の声、ではなく (もあるけど)
私の雄叫びだ♪

カウントダウンから始まった江戸川花火大会。
今年は初めて現地、それも協賛社席で見た。

きのう、8/5 土曜日。
集まったのは昔の職場の関係者およびその家族で、総勢9人の大所帯。
なぜか毎年余ってる協賛社席チケットをゲットしてやって来ました。

今度会社を辞める人とのお別れ会みたいなことがきっかけだったけれど、あれよあれよと人数が増え、ずいぶんにぎやかな会になりました。
(Tまきさん、またゆっくり語りましょうね☆)

それにしてもこの席はすごかった!
打ち上げ場所の真正面。
土手の角度もいい具合に手助けしてくれて、寝そべって見ると

  花火が降ってくる〜〜〜\(^o^)/

もう すごいすごいすごいっっ!
日本て素晴らしい☆

私たちは江戸川の花火が一番すごいと思っている。
ひいきめなしに。

数、色(鍵屋さんの花火は中間色がきれいらしい。私はピンクがきれいだと思います)、演出、ダイナミックさ。
どれをとっても
‘他社の追随’どころじゃありません。
ほんっと声を大にして言いたい!

VIVA鍵屋!!

060805_200701   

 

 

 

  

今まで土曜は仕事で、遠くのビル屋上からBBQしながら見ていたけど(これはこれで楽しかった)、でもやっぱり、ライブは違うね!!
これが大輪の花だぁー!って感動。

そして、懐かしい昔の仲間たち。
翌日が早いので、フィナーレまでいることができず話足りなかったけど、あらためて楽しい人たちだなぁって思いました。

近ごろは根無し草のようにいろんな職場へ出没している私。
それぞれのお付き合いはあるものの
知らない方と出会っては別れるということも多いので、
勝手知ったる・・・というか、好きなこと言い合えて自分のこともわかってもらえてて、家族みたいな付き合いができたあの頃が、心から恋しくなりました。

またあんな日々が来るかなあ。

でも、時は流れ行くもの。人もそれぞれに運ばれます。
きっと同じものは望めないけれど、忘れずにいたいなぁと思いました。

でも、それは自信あります☆
なぜなら、インパクトある人たち過ぎて、忘れようにも忘れられないから♪

 

夏も半分が過ぎ去ろうとしています。
ひとつでも多くの素敵な思い出を残せますように。

060805_1920

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト』

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

2006.7公開
出演  ジョニー・デップ
     オーランド・ブルーム
     キーラ・ナイトレイ

1作目がけっこう好きだった上に、やはり前評判のすごさに期待を持ちすぎたのか・・・
終わってみれば「3作目へのつなぎじゃん!」って感じは否めませんなぁ。
百歩譲って「布石」か。

でも、迫力・展開・豪華さ・笑い、どれをとってもさすがはブラッカイマーです☆
今回の敵役も特殊メイクがすっごい!
あれは見る価値あり!笑

後半、もうちょっとジャック・スパロウが見たかったけど。
まぁでも、密着じゃなくてあれくらい客観的だからこそいいキャラなのかな。
何を考えてるかわからない、ほんとは善い人かも?という海賊。
キャプテン・スパロウは歴史に残るキャラクターだ~
だって、あの人の動きおかしいよ?!笑
あの人物を作り上げたジョニー・デップは、やっぱりすごい!

そしてそして、キーラ・ナイトレイ♡o。.(✿ฺ。 ✿ฺ)ポッ
拒食症説もありましたが全くそんな影はなく、ふつうーにきれいでした☆

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

あん、もちろんオーリーもかっこよかったです♪
この人に剣を持たせたら、美しさで右に出る者はいませんね。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

 

とにかく、謎がいくつも残されるので、次回作も絶対見なきゃ、
そりゃぁ~もう、終われません。笑

| | コメント (5) | トラックバック (2)

『手拭実染塾』へのお誘い

浴衣のシーズンだけあって、「和」への興味が急上昇中です☆

そんなときに友人Yっきんからの「手ぬぐい染めませんか?」のお誘い!
日本、いや世界にただひとつ、そんな体験ができるところがあるというんです!

 ココ ↓
東京和晒株式会社

和装の小物のひとつとして粋な和手拭。
しかも自分だけのオリジナル!

行くでしょう~♪

ということで、ただいま一緒に参加する方、大募集中です。
あと1~2名なんですけど。
お一人でもおともだちとでも、ご興味のある方、ご参加お待ちしています。

染めた布で浴衣を作っちゃう参加者もいるそうですよ!
創作性は豊かな方ではない私ですが、夢が膨らむじゃありませんか~

以下に体験教室の要綱を記載します。
さらに詳しくは、リンク貼ったのでチェックしてみてください。

ご連絡はこのブログ上でもいいし、私の連絡先ご存知の方はどこでも。笑
申し訳ありませんが、先着順で締め切らせていただきますね。

ぜひぜひご連絡くださーい(^^)

========================

手 拭 実 染 塾 

日時:平成18年8月26日(土)
    午前9時30分受付開始 
    10時~17時

会場:〒124-0012 葛飾区立石4-14-9
    東京和晒株式会社

 地図→ http://www.tenugui.co.jp/compay/ca03_map.htm

参加費:一人12,000円

 【諸注意事項】

●服装、持ち物:汚れても良い服と長靴とゴム手袋をご持参下さい。
 (着替え場所あります)
●昼食は各自ご用意下さい。(近所にコンビニ・食堂あります)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

母の観察日記~伯母編~

母も母なら、その姉の伯母もかなりのすっとこどっこいである。

伯母はいま苦悩の日々を過ごしている。
美容院でのあるやり取りが、彼女を追い詰めているのだ。

 

わが一族は髪が多い。
伯母もまた然り。

そんな伯母が美容院で髪を染めてもらっているとき、
染料のチューブがなくなりかけたらしく
美容師さんがぎゅーぎゅーと搾り出すしぐさをした。

これが、彼女の胸をひどく痛めたらしいのだ。

伯母は「ごめんなさいね、髪の毛が多いから。ほんとに申し訳ないわ」と謝り、
なおもお会計の時まで恐縮し続け、
合計9,000円のところ、1,000円上乗せで10,000円置いてきたらしい。

「人より余分にかかるでしょう?」という、いわば”迷惑料”。

受け取る美容室も美容室だけど、そんな無茶を言う伯母はもっと問題だ。

さらに問題なのは、後日 母に
「でもあなた、考えたら毎回1000円で年12000円でしょう?
10年行ったら12万円よ?
私どうしよう~、自分から言っておいて次回置いて来ないわけに行かないじゃない?
いやだわぁ、もうどうしよう~」
と、後悔しきりとのこと。

御年72歳。

伯母は長生きすると思う☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »