« 意外と帽子好きです | トップページ | 浴衣♪ »

逡巡

逡巡

夜の納屋の屋根の上

やせた子猫が立ち往生
端から下をのぞき込む

それでも黒猫降りられぬ

濡れた瞳に見つめられ
私にはなす術もない

あれからあの娘は どうしたろうか

|

« 意外と帽子好きです | トップページ | 浴衣♪ »

コメント

うちの近所は猫いっぱい。
猫と話ができるという、ナカタさんではないけれど、
「猫山さん」と呼びたくなるよ。

投稿: 100おれ | 2006年7月30日 (日) 21時42分

なんだっけなんだっけ~~???

と、開きそうで開かない頭の引き出し。
安易にネットに頼ってわかりました♪

『海辺のカフカ』 か~(^^)

読んだ読んだ。結構好きだった。
でもやっぱり忘れてるな~、春樹作品。
また読んでみようっと。

・・・ほんとに猫には不思議な力があるんでしょうか。
特に黒猫は神秘的ですね。

投稿: まいこ | 2006年7月31日 (月) 10時37分

神秘的な黒猫さん。

ウチにいると、
ごろにゃーごって擦り寄ってくる、
ただのかわいい子です^^

彼女の無事を祈る!!

投稿: fusae | 2006年8月 1日 (火) 20時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82744/2862002

この記事へのトラックバック一覧です: 逡巡:

« 意外と帽子好きです | トップページ | 浴衣♪ »