« 母の観察日記 その8 | トップページ | 衝撃の瞬間 »

『BIG RIVER』

Big_river Odagirijoe

 

 

 

オダギリジョーが単身アメリカに渡り、
全編英語のセリフにチャレンジした初海外進出 主演映画。
公式サイト

アメリカ・パキスタン・日本という
バラバラの国のバラバラの男女が出会い、
不思議な友情や敬意を見出して、
この経験がそれぞれの人生を大きく変えるという物語。

この映画を通して、9.11後の世界を問うたのかな。
と思ったり。。。
淡々と進む作品だけに、見方、捕らえ方はそれぞれだと思います。

あぁぁぁ、だけど言っちゃっていいですか?!

 

ラストが残念!!!

「あちゃー・・・・・・・・・▄█▀█●
というオチ。
オダジョーファンならずとも、そう思った人は多いはず!

それはそれは雄大な景色が堪能できる、美しい映画なんですけどね。

救いがオダジョーの存在のみだったおーーー 。・゚・(Д`)・゚・。ウワァァン

あとアリ(パキスタン人)、タバコ吸いすぎ。
見てて肺がんになりそうだった。笑

まぁまぁまぁ(^^)

それより☆
予告編でまたまたオダジョー主演作が近く公開されることを知り
いまから楽しみです (๑‿ฺ๑)
しかも2本!!
(≖ฺ‿ฺ≖ฺ)ニタァ

オダギリジョー。
私にとっては、立ってるだけで(後姿ですら)反則です(´ω)ホゥ

|

« 母の観察日記 その8 | トップページ | 衝撃の瞬間 »

コメント

たまちゃんは「野獣死すべし」「十階のモスキート」とかイッちゃってる映画がすきです。

投稿: たまちゃん | 2006年6月18日 (日) 19時15分

たまちゃん、コメントありがとうございます!

「十階のモスキート」ですか。
モスキートっていうからには、血がいっぱい出そうですね。

私は痛いのは苦手です。

昔、なぜだか「ザ・フライ」を映画館に見に行っちゃって、
腕相撲で腕が折れるシーンにすごいショックを受ました。
それ以来、二度とホラーなんか見ない!(私の中では
「ザ・フライ」はホラーでした)と心に誓った覚えがあります。

投稿: まいこ | 2006年6月18日 (日) 21時53分

ホラーじゃないよ

投稿: たまちゃん | 2006年6月19日 (月) 08時21分

オダギリさんは、
ケツが良い!!
つくづくそう思います。

そして、彼の存在感に依存している作品が
なにげに多いような気がしているのは、
私だけでしょうか!?

でもまぁ、それだけ雰囲気のある俳優さんってことなんでしょうけど^^

・・・好きです♪

投稿: fusae | 2006年6月19日 (月) 09時14分

fusaeさん、コメントありがとうございます!

そうなんだよ~、だから後姿がいいのかもしれない・・・

たしかにこの映画も、オダジョーでもってるんですが、
でも!
オダジョーを活かしきれていない。
英語だからかな。。。

テアトル新宿でやってます。
劇場で見ることまでは勧めませんが、
この映画館のスタッフ・土屋さんは
佐々木蔵ノ介さんに似ていて、一見の価値あり。笑

投稿: まいこ | 2006年6月19日 (月) 11時36分

佐々木蔵ノ介・・・好きです^^

投稿: fusae | 2006年6月24日 (土) 17時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82744/2272841

この記事へのトラックバック一覧です: 『BIG RIVER』:

» 『BIG RIVER』 [アンディの日記 シネマ版]
風景美[:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:]    2006/05/27公開  (公式サイト)(壁紙あり) 物語度[:スペード:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】舩橋淳 【脚本】舩橋淳 【出演】 オダギリジョー/カヴィ・ラズ/クロエ・スナイダー <ストーリー> 米アリゾナ。4日間の出会い。それは人生を変える“旅”だった。 アリゾナの砂漠のど真ん中、日本人バックパッカーの哲平(オダギリジョー)は立ち往生した車に乗って... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 01時49分

« 母の観察日記 その8 | トップページ | 衝撃の瞬間 »