« 新しい言葉 | トップページ | スイートベイジルのち玉金 »

漫画に夢中☆

漫画にハマってます♪

 

『めぞん一刻』☆☆☆☆☆

 

大好き!私の愛読コミックのBESTに入りますね!!

以前は持ってたんです。それが、な・ぜ・か、行方不明。

「読みたいよー、読みたいよー」と思いつつ、なんか今日に至る。

  

ところが、いま通ってる鍼のお医者さんにあったんですよぉ。

見つけたときは小躍り♪

ほぼ毎日通って読んでたんですが、ついに昨日は「埒が明かん!」

ということで、貸し出し希望を申し出てしまった。笑

  

ストーリーは、うら若き美しい未亡人と、彼女をめぐる

イケてるテニスコーチとたよりな~い貧乏学生の三角関係のお話。

でも。彼らを取り巻く、脇役キャラの濃い~面々。これがおもしろい。

ちょっとつまらない時、落ち込んでる時でも、笑って笑って、時には泣けて、

読んだら絶対元気になっちゃう。

私にはリポビタンDみたいな存在です。

細かいところまで読み込めば読み込むほど、笑える箇所満載。

セリフ回しとか絶妙ですから(><)/

留美子ワールド、オススメ☆

|

« 新しい言葉 | トップページ | スイートベイジルのち玉金 »

コメント

五代君のはっきりしない態度がもどかしくも、響子さんの亡くなっただんなさんへの思いを考えると踏み切れない切ない思いが共感できます。

『めぞん一刻』のマンガ本やアニメで何度も見る度に、その時に自分に自信があるか、ないかで感じることが違います。ただ、毎回結末がわかっているストーリーなのに思うことは、素直さの大切さですね。

五代君も響子さんも、いい加減な四谷さん、六本木さん、忘れたけど息子がいるデブのおばちゃんたちが、二人の邪魔に入っているようで、はっきりしない二人のキューピットになっているように見えました。

三鷹さんのように完璧?な人間よりも相手お思いやりすぎて、自分の思いに忠実になれない人の良い五代君は、頼りがいがなくても信じれ男ですね。

でも、三鷹さんも案外いい人に描いているのも、いいのかも…

名脇役が多い作品と思います。

亡きだんなの名前をつけた犬、惣一郎さんがより五代君の優柔にさせているように…でも、それを含めて愛そうとする思いの強さも…

長くなりました、失礼しました。

投稿: かつお | 2006年4月18日 (火) 02時22分

かつおさん、コメントありがとうございます!

「素直さの大切さ」かぁ。
ほんと響子さんて意地っぱりですもんね。
でもなんか似た部分もあって、身につまされます。笑

その意地張りっぷりといい、密過ぎる人間関係、
ありえない宴会三昧と、ほんとだったらさぞかしいやな
環境でしょうに、なぜかうらやましくなって終いには
「めぞん一刻」に住みたい!!って思っちゃってるところが
怖ろしいですよね。笑

『めぞん一刻』、名作だ~!

ちなみに、15巻まで読み終わって一層ヒートアップし、
ついに中古本で一揃い手に入れてしまいました^^

これでいつでも読み返せます♪

P.S.
脇役が個性的、そしてラスト、全員がハッピーエンド
という点で、三谷幸喜さんの『THE 有頂天ホテル』も
私は好きでした。
かつおさんは見ましたか?

投稿: まいこ | 2006年4月18日 (火) 22時03分

いいえ、見逃しました!でも、まだ見れますよね。

ちなみに、私は四谷さんのオトボケが好きです!

投稿: かつお | 2006年4月19日 (水) 16時19分

今年はドラマ化もされるそうですね!

ここまで原作に愛着あると不安ですが(前例もあるし・・・)、
とりあえずキャストはものすんごいっ気になりますね♪

なにか情報入ったら教えてください!

投稿: まいこ | 2006年4月20日 (木) 02時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82744/1337127

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画に夢中☆:

« 新しい言葉 | トップページ | スイートベイジルのち玉金 »